パーツ選びのコツがよくわかる!パーツ選びが楽しくなる!! アフターパーツ講座 スタッドレスタイヤ Vol.02編

冬道を安全に走るために必須といえるスタッドレスタイヤ。その性能は日々進化し続けている。
最新モデルでは制動性能だけでなく、耐久性などが飛躍的に高まっているので注目だ。

スタッドレスタイヤ選びの格言 優れたグリップ力やブレーキ性能はもちろん性能が長持ちする最新タイヤに注目せよ

着実に進化を遂げているスタッドレスタイヤ
最新の技術が詰め込まれたモデルを選ぶ

特徴をしっかりと理解し冬道を安全に走行する

スタッドレスタイヤがスポーツタイヤなどのサマータイヤと決定的に違うところは「サイプ」という細かいブロックがたくさんあること。このサイプは、路面に接するときにその抵抗で少しだけ倒れる。
ちょうど「ドミノ倒し」のように、ブロックが斜めに重なり合うのだ。その瞬間、各ブロックの角が路面側に突き出され、それぞれが氷雪に食い込むことでグリップを発揮する。ただ、こうした構造のため、ドライ路面ではブロックがよれてしまい、剛性感が低下するだけでなく摩耗が早まる。そのため、季節によってタイヤを履き替えなければならない。

特徴をしっかりと理解し冬道を安全に走行する
バランスの取れた性能で冬道を安全に走行する

バランスの取れた性能で冬道を安全に走行する 四季のある日本では、ひとつのタイヤでツルツルのアイスバーンからフカフカの新雪路面まで快適に走行ができるスタッドレスタイヤが必須だ。

性能の決め手はサイプ(溝)形状にある
性能の決め手はサイプ(溝)形状にある

性能の決め手はサイプ(溝)形状にある スタッドレスタイヤにはグリップ力を確保するためのサイプ(溝)が設けられており、サイプの向きを変化させることで多方向へのエッジ効果をもたらす。横ブレ抑制や走行時の安定感にひと役買っている。

路面温度に応じて最適な性能を発揮

路面温度に応じて最適な性能を発揮 ミシュランではシリカベースのコンパウンドを採用し、ブレーキ性能と剛性を両立。

走行性能はもとより静粛性にも注意する

走行性能はもとより静粛性にも注意する スタッドレスタイヤは夏タイヤにくらべ溝が多くノイズが大きい。静粛性の高い製品を選択することが重要となってくる。

安全をもたらす技術が惜しみなく詰め込まれる

安全をもたらす技術が惜しみなく詰め込まれる 「ゴム製のタイヤが極低温下で最適なグリップを発揮する」。これはスタッドレスタイヤ開発では永遠のテーマだ。スタッドレスタイヤの原型を作ったといわれる「ミシュラン」は、そのテーマに挑み続けており、最新モデルのX-ICE XI3では、前モデルに対して接地面積を15%アップさせたほか、クロスZサイプによりブロックのよれを低減させるなど、最新の技術を投入している。

吸水することでグリップ力が増すトリプル・エフェクト・ブロック

吸水することでグリップ力が増す
トリプル・エフェクト・ブロック
サイプがトレッドと路面の水を吸収することで接地面の摩擦力が大幅に向上し強力なグリップ力が発生する。アイス路面において非常に有効。

走行に好影響をもたらす最新技術で安心の高速安定性と静粛性を実現

走行に好影響をもたらす最新技術で
安心の高速安定性と静粛性を実現
サイプの底の形状を丸くすることで、路面から伝わるサイプ底への熱と圧力を分散。高速走行時の負荷に負けない高い耐久性を実現した「ティアドロップ」は安定性と静粛性に優れている。

圧力を広く均等に伝える“マックスタッチ”

圧力を広く均等に伝える“マックスタッチ” タイヤ全体が路面に密着することで圧力を均等に分散させ、偏摩耗を防ぐだけでなく止める力が大幅に向上する。

ページTOPへ

雪が降っていなくても路面凍結の恐れがあるので
早めに履き替えて安全マージンを確保すること

自分の好みや車種に合ったタイヤを選び
不安やストレスのないドライブを実現

スタッドレスタイヤを選ぶ際、自分の使用状況(居住地域、ウィンタースポーツの頻度、冬場の高速道路使用頻度等)に合わせる。各タイヤメーカーごとに数種類ずつのスタッドレスタイヤをラインナップしているが、モデルによって雪道に強い、アイスバーン向き、さらには高速道路でハイペースで走れる、静粛性・燃費性能に優れるタイヤなどいろいろな種類がある。さらに車種によっても最適なタイヤというのは違ってくるので、そのあたりはタイヤショップに相談してみるといいだろう。なお、新品のタイヤは空気圧で膨張することがあるので、装着直後はこまめに空気圧を点検しよう。

X-ICE X12 MICHELIN
X-ICE X13 MICHELIN
40%摩耗しても性能は変わらない
40%摩耗しても性能は変わらない

40%摩耗しても性能は変わらない ブレーキ性能も大切だが、最近では長持ちする製品に注目が集まっている。ミシュランの「X-ICE XI3」は4年後でも性能が変わらないのがポイントだ。

燃費改善につながる転がり抵抗に配慮したGREEN Xマーク付きタイヤを選択しよう

燃費改善につながる転がり抵抗に配慮した
GREEN Xマーク付きタイヤを選択しよう
スタッドレスタイヤの基本性能はもちろん転がり抵抗の低減も考慮して開発されているミシュラン製品では、サイド部分にGREEN Xマークが表示されている。

バックナンバー

全てのバックナンバー一覧を見る