パーツ選びのコツがよくわかる!パーツ選びが楽しくなる!! アフターパーツ講座 アウトドアグッズ編 Vol.03

アウトドアブームに伴って車中泊が注目されている。専用のグッズやアイテムも幅広くラインナップされ、快適に過ごすことが可能だ。今回はアウトドアのエキスパートである「ロゴス」にて、今注目のアウトドアグッズについて話しを伺った。

アウトドアグッズ選びの格言 豊富なアウトドアグッズを使いこなし快適かつ安全に車中泊を楽しむ

電源を使用しない環境のなかで
いかに快適に過ごせるかが重要

豊富な充電式グッズを活用して快適な室内空間をつくる

車中泊の場合、基本的にエンジンを切ることが前提となる。つまり、電源のない環境のなかでいかに快適に過ごすかを考えることが大切。そこで宿泊地に着いてエンジンを切る前に、ラゲッジに敷くエアマットを膨らませておくのが重要だ。さらに夜間を快適に過ごすためにランタンは必須で、現在は充電式のモデルが用意されている。電池容量が大きくスマホなどにも給電できるモデルを用意しておくと重宝するはず。また電池駆動の扇風機は就寝時に役立つだけでなく、車外に向かって空気を排出する換気扇としても使えるのでオススメだ。

豊富な充電式グッズを活用して快適な室内空間をつくる
意外と面倒な空気入れを手早くスマートに行う

意外と面倒な空気入れを手早くスマートに行う 350㎖缶の飲料1本よりも超軽量&コンパクトでありながら、十分なパワーを発揮するパワーブロー。シガーソケットに対応し、これ1台で空気入れが容易に行える。

扇風機や換気扇としても使える万能アイテムを導入する

扇風機や換気扇としても使える万能アイテムを導入する 車内、自宅でも使える2電源式の扇風機。コンパクトながら5枚羽根で強めな風力を実現。車中泊では換気扇代わりにもなる。風力は2段階調整が可能だ。

これ1台で二役こなすパワーストックランタン
これ1台で二役こなすパワーストックランタン

これ1台で二役こなすパワーストックランタン 大容量のパワーバンクと超高輝度1200ルーメンランタンが1つになったアイテム。10段階調光が可能で、スマホなどを2台同時に充電できる優れもの。

ページTOPへ

車中泊の醍醐味でもある車内での就寝は
寝心地と快適性を両立したい

シートによる凹凸を解消するのならエアマットと寝袋を上手く使おう

エアマットは車中泊に欠かせないグッズの筆頭。ミニバンの場合はフルフラットにシートアレンジできるのだが、シート形状の凹凸があるためそのままでは寝心地が悪い。エアマットを敷くことでクッション性が高まるだけでなく、ある程度の凹凸が解消されるため快適性が格段に向上する。またロゴスでは寝袋にも一工夫しており、車内に置きやすいクッション状から、広げると室内全面をカバーする大型寝袋となる。さらに分割して一人用寝袋としても使用できるので、隣の寝相などが気になる場合は個別の寝袋で就寝も可能。

シートによる凹凸を解消するのならエアマットと寝袋を上手く使おう
ミニバンぴったりエアマット

ミニバンぴったりエアマット ミニバンの室内にぴったり収まるように設計されたエアマット。ロゴスオリジナルのウェーブ構造で、シートの凹凸を吸収し、安定した寝心地を実現した。

ミニバンぴったり丸洗い寝袋チェッカー2

ミニバンぴったり丸洗い寝袋チェッカー2 春から初秋の車中泊に最適な寝袋。敷物としても使えるので車内で足を伸ばしてリラックスすることもできる。セパレートすれば2つの寝袋として使用可能。

ページTOPへ

簡単に装着できるサイドオーニングは
車中泊の楽しさを広げてくれる

車中泊とキャンピングの中間に位置する
サイドオーニングは汎用性も高く便利

家族4人で車中泊をする場合、ミニバンクラスではどうしても手狭になってしまう。そこで便利なのがカーサイドオーニングというクルマの側面に追加するスクリーンタープ。3方向から出入りできるタープとして使用でき、快適なリビングスペースを確保できる。つまり車中泊とキャンピングの中間的な使い勝手となる。装着方法は付属の吸盤を車体に取り付け、本体を連結させるだけと簡単な点も大きな魅力。「就寝は車内だけどリビング的に使えるスペースは別に欲しい」といったより快適性を求める人には、最適なグッズといえる。

車中泊とキャンピングの中間に位置するサイドオーニングは汎用性も高く便利
3方向から出入り可能状態

3方向から出入り可能状態 車体に簡単にリンクできる車中泊専用タープ。画像は3方向から出入りができる状態で、イスやテーブルなどを設置すれば開放感のある空間でくつろぐことが可能だ。

キャノピー使用イメージ

キャノピー使用イメージ サイド部はメッシュ生地を採用し、広々とした空間を快適に過ごすことができる。装着もクルマに吸盤を付けて引っかけるだけの手軽さがポイント。

専用バッグで持ち運びが便利に

専用バッグで持ち運びが便利に 持ち運びに便利な専用のキャリーバッグが付属する。非常にコンパクトなため、荷物がかさばらないのが嬉しい。

バックナンバー

全てのバックナンバー一覧を見る