グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
BMW 4シリーズ ワンメイクスペシャル tuned by オゥ・ルージュ
BMW 4シリーズ ワンメイクスペシャル

エレガントなスタイルとダイナミックな走りでBMWオーナーを満足させてくれる4シリーズ。
見た目、性能ともにグレードアップしているオゥ・ルージュのデモカーをご紹介しよう。

全身にチューニングを施したラグジュアリースポーツ

 BMWはドイツのいわゆる御三家(メルセデス、BMW、アウディ)の中ではとくにスポーティなイメージの強いメーカーだ。つい最近までFF(前輪駆動)のクルマを作らず、FR(後輪駆動)と直列6気筒エンジンへのこだわりを持ち続けてきたことで、長年のファンも多い。
 BMWは3/5/7シリーズというラインナップ展開を長年続けてきたが、コンパクトな3シリーズは日本国内での人気も高く、チューニングやドレスアップのベース車として、欧州車の代表的な存在になりつつある。1シリーズや2シリーズが登場した後も、3シリーズはやはり主役だ。そして、最近では3シリーズから派生した4シリーズの人気も徐々に高まっている。4シリーズにはクーペとグランクーペ(4ドア)があるが、エンジンやサスペンションなどのメカニズムはほぼ同じ。全グレードがターボエンジンということもあって、チューニングのベース車として最近注目されている。420iは2リッター4気筒のDOHCターボエンジンを搭載している。
 今回紹介するBMW420iは、その4シリーズをベースにチューニングを施した1台。手掛けたのはBMW専門ショップである「オゥ・ルージュ」。E46型のM3や、E90型、E92型の3シリーズのチューニング&ドレスアップでは定評のあるショップだ。
 エクステリアは、3Dデザインのエアロパーツとコンセプトワンのスポークホイールによりスポーティ度がアップ。ボディカラーがブルーということもあり、ともすれば、エアロパーツによって派手な印象になりがちだがシックでシャープな3Dデザインのエアロパーツがボディ全体を引き締め、精悍な雰囲気に仕上がっている。ルーフのカーボンラッピングやフロントグリルのブラックアウト等がM4クーペ・GTSを彷彿とさせ、スパルタンさをアピールしている。
 そして420iのもうひとつの魅力であるターボエンジンはコンピュータチューンとマフラー交換によりパワーアップ。BMWのターボエンジンは、ノーマルの時点では国産車のターボエンジンと比べるとブースト圧が低めに設定されているため、その分、アップ幅が大きいのでチューニングの効果が出やすい。パワーの数値としては、240〜250psほどが期待できるだろう(ノーマルは184ps)。
 また、可変バルブタイミング機構や電子スロットルの設定もコンピュータで行えるため、パワーだけでなくレスポンスを高めるチューニングが可能だ。さらにこのクルマでは、マフラー交換によって排気効率を高めたり、ダイレクトイグニッションコイルをOKDのプラズマダイレクトに変更することで点火性能を高めており、これらの仕様に合わせて、コンピュータをセッティングしている。こうしたチューニングの結果、4気筒ならではの軽快な回転フィーリングとレスポンスを楽しめる仕様になっている。これまで3/4シリーズのチューニングというと、M3に搭載されたV8や、直6ツインターボがベースになることが多かったが、BMWとしては、あの2002ターボ以来となる4気筒ターボエンジンも、チューニングしだいで十分に戦闘力をアップさせることができる。

EXTERIOR

存在感のある素材を活かしたスポーティな装いがスタイリッシュ

エアロパーツはBMWカスタムブランドの3Dデザインを装着。フロントリップスポイラー(カーボンフリッパー付)、サイドステップ、リヤスポイラー、リヤディフューザーを装着。さりげないデザインがグランクーペには似合う。フロントグリルはM4用を加工してブラックアウト。ルーフやミラーのカーボンラッピングと併せて、シックでスポーティに仕上げた。このあたりは歴代のM3やM4をモチーフにしたカスタマイズ仕様だ。そして、ヘッドライトはプロミナのLEDキットを装着。車種別専用設計で完全互換を実現したLEDライトは、純正バルブと交換するだけで装着可能。
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

FOOTWORK

グラマラスなスタイルに合わせた足もと造りがキーポイント

スポーティなBMWにはシャープなデザインのホイールが似合う。装着するコンセプトワンはアメリカのブランド。10×ツインスポーク形状でスポークエンドをリムから浮き上がらせることで立体的な造形を生み出しているのが特徴(スポークとリム面はほぼ面一)。サスペンションはKW(カーヴェー)のVer.1。撮影車両では20インチタイヤ(ニットー・NT555)を装着し、車高をかなり下げているが、サーキット走行でスポーツタイヤを装着するような場合は、車高をもう少し上げて19インチの国産スポーツタイヤ(アドバン・ネオバやダンロップ・ディレッツァZ2など)を履かせるのがおすすめだという。

FOOTWORK
FOOTWORK

The Roots of 4シリーズ

圧倒的な重厚感と存在感に加えスタイリッシュなボディで魅せる

2013年に登場して以降、クーペモデル、カブリオレ、グランクーペ、M4と次々にラインナップされたシリーズ。3シリーズとの差別化を図った4シリーズは、特徴であるグラマラスなスタイリングに呼応するかのようなスポーティな走りで、まさに駆けぬける歓びを体感できるモデルと言っても過言ではないだろう。

4シリーズ

TUNER

オゥ・ルージュ
オゥ・ルージュ
オゥ・ルージュ
住所:群馬県藤岡市上大塚1580-1
TEL:0274-50-8650
WEB:https://eau-rouge.net

BMWを中心としたカスタムチューニングをはじめ、メンテナンスや中古車販売を行っている。ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットの第2コーナー「オゥ・ルージュ」を店名にしただけに、レースから得た技術をフィードバックしたカスタマイズが特徴だ。BMWオーナー必見のショップである。

Page1 ワンメイクスペシャル BMW 4シリーズ
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル BMW 4シリーズ)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧