グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
BMW 3シリーズ ワンメイクスペシャル tuned by Studie TOKYO スタディ東京店
BMW 3シリーズ ワンメイクスペシャル

輸入スポーツセダンの代名詞ともいえる3シリーズは、豊富なバリエーションを揃え、様々なニーズに応える。
なかでも注目は先代のE90型。ドレスアップの入門向けとしてもオススメな、このモデルの魅力に迫る。

モノトーンでまとめたオトナ仕上げで
さりげないスタイルアップを実現する

 世界中のメーカーがスポーツセダンを開発するときのベンチマークにしているBMW3シリーズ。ハンドリングのよさに定評があるこのモデルは、質の高い走りを求めるユーザーの支持を集め、人気は同クラスの国産セダンを遙かに凌ぐ。

 実際に、ドライブしてみれば、その完成度の高さに舌を巻くことになるはず。なにせ運転が楽しいだけでなく、充分な室内空間が確保されており、大人4人がフル乗車で長距離移動しても苦にならない快適性を備える。トランクスペースも十分な広さがあり、ファミリーカーとしての使い勝手も上々だ。

 バランスのよさこそが3シリーズの美点といえるが、カスタマイズベースとしての素性はどうか?6代目(現行)のF30型は、エントリーモデルでも450万円ほどと、イジリ倒すにはちょっと勇気がいる。

 そこでオススメしたいのが、一世代前のE90型だ。中古車相場は100万円前後からとこなれており、お買い得感が大きい。また、3シリーズはそのキャラクターから大切に乗られてきたクルマが多い傾向にある。もちろんアフターパーツが豊富な点も見逃せない。

 そんな3シリーズの魅力をさらに高めてくれるのが、全国に4店舗を展開する『Studie(スタディ)』だ。BMWを専門で扱うこのインポート系チューナーは、国内最高のツーリングカーレースとして知られるスーパーGTに参戦するなど、そのノウハウを蓄積してきた。いわばカスタム好きのBMW乗りにとって憧れの存在ともいえるが、決して敷居は高くなく、メンテナンスからドレスアップ、そして本格チューニングまで安心して任せられる。

 何を隠そう、ここで紹介するBMW318iセダンMスポーツのユーザーもそんなスタディに憧れて、東京店の門を叩いたひとり。デモカーのようなハデさはないが、内・外装からエンジンまで、バランスよくチューンされたお手本的なクルマに仕上がっている。

 早速、気になる細部をみてみると、シンプルにまとまったエクステリアは、3DデザインのリップスポイラーやBMW Mパフォーマンスのカーボンリヤスポイラーでドレスアップ。さらにグリルなどをブラックアウトするなど、モノトーン調にもこだわった。

「スタディの石塚店長に相談しながら、自分好みのクルマに仕上げてきました。街乗り中心なので、純正プラスαのスタイルを意識しています」と語るオーナー。ヘッドライトやテールレンズもアフター品に交換するなど、さりげないビジュアルアップを実践する。

 もちろんフットワークチューンも抜かりない。気になっていたサスキットを乗り比べて決めたという車高調は、スポーティでありながら十分な乗り心地のよさを確保した3Dデザイン製をチョイス。20〜30mmとほどよくローダウンすることで、扱いやすさとキビキビとした軽快な走りを両立する。

 また絶妙なツライチで収まるホイールは、アドバンレーシングRS-Dの19インチ。これに横浜ゴムのラジアルタイヤであるアドバンスポーツを組み合わせた。ランフラットタイヤを履くノーマルより1インチアップとなるが、不快な突き上げ感はなし。ブレーキについてもBMW Mパフォーマンスのビッグキャリパーを投入することで、制動力を引き上げると同時に、足元のドレスアップも果たしている。

 さらにBMWの象徴ともいえる直6エンジンにも手が入る。K&Nのラム式エアクリーナーやアーキュレーのマフラーで吸排気の環境を整え、プラズマダイレクトにより点火を強化。レスポンスのいい吹け上がりを実現した。

 BMWを知り尽くした匠の手により、バランスよく仕上げられた323iMスポーツ。このクルマのように、オトナが乗っても様になるカスタマイズを実践できるのも、インポートチューンの醍醐味といえるだろう。

 家族みんなを納得させるだけの実用性の高さを備え、いざアクセルを踏み込めば五感を刺激する走りが味わえる。それでいて中古車プライスも手頃となれば、これを選ばない手はない。次の愛車を探しているという人は、選択肢のひとつに入れてみてもいいのではないだろうか。

EXTERIOR

さりげなく個性を主張する
シンプルコーディネイト術
ベース車は2.5L直6エンジンを搭載する323i・Mスポーツ。シックなモノトーン調にまとめあげることで、オトナ感を演出した。カーボンをピンポイント使いして質感をアップしたのもポイントだ。また、灯火類のドレスアップも抜かりなく、イカリング仕様のヘッドライトやLEDフォグランプをセット。さりげなくローダウンされた車高もスポーティムードを引き上げる。
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

MUFFLER

MUFFLER
上質感のあるエキゾーストを奏でる
上質なエキゾーストノートを奏でるアーキュレ−のデュアル出しマフラーは、リヤビューをスポ−ティに演出してくれる逸品だ。もちろん、排気効率アップも期待できる。

WHEEL&BRAKE

WHEEL&BRAKE
WHEEL&BRAKE
足元を締めるのはオシャレの基本
「前期と後期、セダンとツーリングなどの違いで、履けるホイールサイズ(インセット)が変わってくるので注意が必要です」と石塚店長。この323iはマットブラックのアドバンレーシングRS-D・19インチをセットした。

The Roots of BMW 3 SERIES

運転する楽しさが味わえる
輸入車カスタムの王道マシン

高い人気を誇るBMWのベストセラー。先代となる5代目のE90系は、ボディサイズの拡大により後席の居住性も高まった。3L直6ターボの335i、3L直6の325i、2L直4の320iなど、多彩なラインナップも特徴だ。セダン(E90)のほかツーリングと呼ばれるワゴン(E91)やクーペ(E92)、カブリオレ(E93)も用意する。

BMW 3シリーズ

TUNER

Studie TOKYO スタディ東京店
Studie TOKYO スタディ東京店
Studie TOKYO スタディ東京店
住所:東京都府中市若松町2-27-22
TEL:042-367-5301
WEB:https://www.studie.jp/

1995年に創業し、今年で20年目を迎えるBMW専門ショップ。ドレスアップとチューニング、そしてメンテナンスとモータースポーツという4本柱をメインに手掛ける。BMWのことなら何でもお任せの技術力の高さもウリで、卓越したノウハウにより、ユーザーの理想を叶えてくれる。写真は、笑顔がさわやかな石塚店長だ。

Page1 ワンメイクスペシャル BMW 3シリーズ
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル BMW 3シリーズ)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧