新品・中古のスタッドレスタイヤ・ホイールセット、スタッドレスタイヤをさがす

冬のカーライフの準備 お早めに!スタッドレスタイヤキャンペーン

グーパーツTOP > スタッドレスタイヤキャンペーン

スタッドレスタイヤは冬のカーライフの必需品!なんとなく価格で選ぶのではなく仕組みや必要性、安全性を考え正しい商品情報のもと購入を検討してみよう

スタッドレスタイヤ選びの格言 目的に応じて選びたい。とくに「氷上」での効きは大切

寒暖の差が大きな日本はスタッドレスタイヤにとってシビアな環境

ページトップへ
さまざまな顔を見せる冬の路面、そのすべてに対応が必要
日本の冬の道は天候によって大きく変わる。例えば、雪の夜道、安全運転を心がけるだけでは不十分である。日本では一般的に積雪の場合、チェーンなどをつけて走行するサマータイヤが多く利用されていたが、冬用タイヤに切り替えるべきである。

いまや冬用タイヤの主役であるスタッドレスタイヤは、ゴムや溝などに特殊な技術を採用し、その性能は日進月歩で進化している。

一方、じつは冬の日本の路面状況は非常に複雑だ。雪が降る時期は低温のなか路面の雪が踏み固められてアイスバーンとなることが多い海外の降雪エリアとは異なり、
日本では日中は氷が溶けてアイスバーンに水が浮いたり、圧雪路がシャーベット状になったり、夜間はそれが再び凍って磨かれたりとさまざまな状態なる。

画像からも分かる通り、こういったさまざまかつ厳しい路面状況、また現在発売されている幅広い車種に対応しなければならない日本のスタッドレスタイヤは、世界を見ても独特な存在なのだ。
日本の冬はバラエティに富んだ路面を作り出す
雨で濡れた路面

雨で濡れた路面

圧雪&シャーベット路面

圧雪&シャーベット路面

濡れた凍結路面

濡れた凍結路面

乾いた凍結路面

乾いた凍結路面

じつはいろいろある冬用タイヤ

国産車、輸入車、中古車、車の購入基準はさまざまであり選択肢も増えている。しかし、一度その車の一部であるタイヤの高いデザイン性や機能性にも注目してみてはどうだろうか。

スタッドタイヤ

スタッド=スパイク/鋲。金属などの鋲が打ち込まれた冬用タイヤ。
日本では1970年代に本格的に普及したが、現在は粉塵が問題となり使用が規制されている。ロシアや北欧など一部の国ではまだ使用されている。

スタッドレスタイヤ

スパイクなしで凍結路や積雪路を走るために開発されたタイヤ。
深く幅広い溝、氷をひっかき排水するためのブロックに刻まれた溝(=サイプ)、
低温でも柔らかさを保つゴムなど、さまざまな技術が盛り込まれている。

ウィンタータイヤ

日本ではあまり馴染みがないが、ヨーロッパでは主流となっている冬用タイヤ。
低温のウェット路および積雪路での操舵や高速走行を重視した作りとなっている。

オールシーズンタイヤ

アメリカでは高い割合で標準装着されている全天候型タイヤ。ドライ路面、マッド、スノーなどあらゆる路面で一定の性能が確保されているが、スタッドレスタイヤと比較すると氷上性能の面では劣るケースが多い。

スタットレスタイヤ?

スタッドレスとスタットレス、どちらが正しいか迷う方も多いよう。スタットレスタイヤは誤表記。滑り止め用の鋲(スタッド)が無い(レス)、だからスタットレスタイヤは間違い。日本販売のスタッドレスタイヤは側面に「STUDLESS」と表記される。

スタットレスタイヤは誤表記。正しくはスタッドレスタイヤ

ゴムから違う、パターンも違う、スタッドレスタイヤは先進技術の塊

ページトップへ
とくに氷上性能を重視しながら先進技術を盛り込んでいく
氷雪上走行に必要な要素には、タイヤが回転するときの雪による抵抗力「圧縮抵抗」、タイヤの溝が雪を踏み固めてできる雪柱を断ち切ろうとする力「雪柱せん断力」、ゴムと路面の摩擦力「粘着摩擦力」、トレッド(地面と接する部分)のエッジが雪をかいたり排水する「エッジ効果」がある。スタッドレスタイヤでは、これらに対応する技術を盛り込むことで凍結路や圧雪路でも、路面とスタッドレスタイヤの摩擦力が向上するような仕組みになっている。とくにもっとも滑りやすい濡れた氷上で止まるため、ゴムの吸水性、ブロックに刻まれた溝による排水性、効率のいいパターンなどがスタッドレスタイヤのために研究され、夏タイヤとはまったく異なる構造が採用されている。
  • ブロックに刻まれた溝(サイプ)が排水し氷をひっかく

    ブロックに刻まれた溝
    (サイプ)が排水し
    氷をひっかく

    エッジのたったブロックとそのブロックに刻まれたサイプ。

    このサイプが氷に浮いた水膜を取り除き、かつ氷をかくことで滑りにくくなる。

  • 燃費へのケアを考えたスタッドレスタイヤも登場

    燃費へのケアを考えた
    スタッドレスタイヤも登場

    最新のスタッドレスタイヤは、発熱を抑えて転がり抵抗を抑えることで燃費へのケアも忘れない。

    スタッドレスも燃費にこだわる時代なのだ。

スタッドレスタイヤはとくに純正サイズがオススメ

ページトップへ
トータルバランスでは純正サイズがベスト!

トータルバランスでは純正サイズがベスト!

いまはスタッドレスタイヤにも19インチや20インチといった大径サイズが存在するが、これはあくまでも大型化する純正サイズに対応するためのもの。

滑りやすい冬の路面状況でよりシビアに性能が要求されるスタッドレスタイヤでは、やはり純正サイズがベストな選択となる。無理にサイズを上げてもメリットはない。冬のあいだは純正サイズで安全運転を心がけよう。

スタッドレスタイヤの大敵は「直射日光」 保管時のケアがライフを長持ちさせる
直射日光や雨にさらされるとゴムの劣化スピードが早まる

直射日光や雨にさらされるとゴムの劣化スピードが早まる

スタッドレスタイヤにはゴムの柔らかさを保つためにオイルが配合されている。直射日光があたるとこのオイルが揮発して硬化が進むため、氷上性能が低下するのだ。直射日光や雨を避け適正な温度で管理すれば3年間は性能を発揮してくれる。

ただし摩耗による劣化は別。ハードに走れば短期間で終わってしまうこともある。
毎年装着前に状態を確認しよう。

スタッドレスタイヤを付けたり保管する際は、状態確認の意味でもざっと水洗いしてみよう。
クギなどが刺さったままだと内部に水が入り、金属部材が錆びるなどのダメージにつながる。

送料無料商品から探す

全ての商品から探す

スタッドレスのお店を探す

純正サイズから探す

スタッドレスタイヤの純正サイズを簡単検索

冬のカーライフQ&Aメルマガ配信中! 第1回目の内容をご紹介

「夏タイヤとスタッドレスの違いは?」

GooPartsメールマガジンでは、冬のカーライフに備えるためのさまざまな情報を発信していく。その第1回目は、そろそろ準備を始めたいスタッドレスタイヤについてだ。とくにスタッドレスタイヤが夏タイヤとどう違うのかは、意外に知らない人も多い。そこで、「夏タイヤ」と「スタッドレスタイヤ」の違いについて解説しよう。

まず名前の由来だが、昔はスノータイヤといえばピン(スタッド)が付いているスパイクタイヤが主流だった。しかし、このスタッドが道路にキズを付けたり、粉塵を発生させる原因となるのが問題となり、今では「スタッドがないタイヤ」つまり「スタッドレスタイヤ」に移行したというわけだ。

スタッドレスタイヤと夏タイヤとの大きな違いは、タイヤの表面にサイプと呼ばれる細かい溝が刻まれていること。これが凍った路面に食い込むことで、氷上で滑らないようにしている。また、低い温度で使うことを前提としているため、ゴムは非常に柔らかい。なおかつ、吸水性に優れた素材を使用することで、氷とタイヤの間にできる水分を吸収し、路面をガッチリと掴むのだ。

スタッドレスに限らず、新品タイヤの表面には油分が付着している。そのままでは本来の性能を発揮しきれない。そこで慣らしが必要となるわけだが、タイヤの場合は乾いた路面を100?150kmほど走るのがおおよそ目安。

雪が降ってから慌ててスタッドレスタイヤに履き替えるのではなく、早めに交換して慣らしを済ませておくというのが、冬のドライブを安全に行うための大切な準備といっていい。

次回は「アイスバーンに潜む危険性を知る?」についてお届けします。

GooPartsメールマガジンを購読する

グーパーツTOP > スタッドレスタイヤキャンペーン

株式会社プロトコーポレーション 会社概要 | 利用規約 | 個人情報の取扱いについて | 広告掲載について | FAQ | ご購入方法について | サイトマップ
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.