グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
日産 ジューク NISMO RS ワンメイクスペシャル
日産 ジューク NISMO RS ワンメイクスペシャル

新車、中古車市場においていまもっとも熱いジャンルといえばSUVである。
そのなかでとくに人気を集めているのがジュークだが、それゆえカスタマイズのニーズも高まっている。
そんなジュークの最新デモカーとカスタマイズパーツを紹介していこう。

NISMO専用チューンで走りを極めた
究極のパフォーマンス・クロスオーバー

 スポーツカーのテイストを織り込んだルックスはSUVクラスのなかで際立って個性的で、いかにもクロスオーバーSUVらしい、ジャンルの属性にとらわれないオリジナリティを主張している。ジュークはもともと若年層を狙って開発されたクルマだが、その独自性がウケて、ダウンサイジングを検討する年配ユーザーからも支持され、SUVクラスでは一躍ヒットモデルとなった。スタイルもさることながら、コンパクトで取りまわしがいい、という特徴も売れ筋となった要因である。

 販売が好調であるがゆえに、カスタマイズのベースとしても注目度は高く、ドレスアップ系、パフォーマンスアップ系など、さまざまなカスタマイズアイテムがリリースされている。今回、紹介する『ジューク NISMO RS』は、カタログモデルとしてラインナップされたコンプリートモデルであり、ジューク・カスタマイズにおける究極のカタチといっていい。

 チューニング&カスタマイズを手がけたのは、日産のモータースポーツ活動や高性能スポーツモデルの開発を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)である。同社はこれまでフェアレディZ、GT-Rといったピュアスポーツをはじめノート、マーチといった小型車を独自のノウハウでチューニングしたコンプリートモデルをリリースしている。ジュークもそのなかの1台となるが、他車と同様にニスモならではのテイストとパフォーマンスが堪能できる。

 一見して違いが見てとれるエクステリアは、専用アイテムを多数採用することでスペシャルな仕立てとしている。走りを標榜するクルマとあって、ルックスはもちろん空気抵抗(Cd値)の増加を抑制しながら、ダウンフォースの向上が図れるものとしているのが大きな特徴だ。とくに速度が高い状況下においては、タイヤのグリップ力が向上し、安定した操縦性を実現する。

 足まわりやボディのチューニングも優れた操縦性に貢献している。サスペンション、車速感応式電動パワーステアリング、さらに4WDシステムのALL MODE 4×4-iに備わるトルクベクタリング機能の特性が見直され、タイヤ&ホイールは17インチから18インチにサイズアップして形状も最適化。こうした改良によってあらゆる場面でシャープなハンドリングを味わわせる。スポーティなセッティングとしながら、乗り心地を損なっていないのは、足まわりのみならずボディも含めたトータルチューンによる恩恵が功を奏している。

 パワーユニットは“NISMO”の名に相応しいものとなる。ジュークには1.5Lの自然吸気エンジンと、190psを発生する1.6Lのターボエンジンがラインナップされている。ジューク NISMO RSは、後者をベースとしながらECUに専用のセッティングを施して最高出力24ps、最大トルク1s-mアップを実現している。そのフィーリングは、低速域から沸き上がるようなトルクカーブを描く。いわゆる「ドッカンターボ」な特性で、アクセルの踏み込み量に対して鋭い反応を見せる。また、エンジンのパワーアップにともない、CVTはマニュアルモードが7速から、8速へと多段化されている。パワーをスムーズに引き出すとともに、切れ目のない爽快な加速フィールが体感できる。

 卓越した走りを安心して楽しむためにブレーキにも手が加えられた。フロントはブレーキローター径が拡大され、リヤはベンチレーテッドディスクが採用されている。ローターだけでなく、キャリパーの性能やブレーキパッドの耐フェード性についてもその能力が引き上げられている。こうしたカスタマイズからも、ジューク NISMO RSがSUVでありながらスポーツドライビングを十分に許容できるクルマであることが理解できるはずだ。

 ニスモの手によって、走る・曲がる・止まる、というクルマの基本性能がバージョンアップされ、なおかつ内外装もスポーティに仕上げられた。まさに、ジュークのフラッグシップと呼ぶに相応しい、走る歓びが堪能できる、パフォーマンス・クロスオーバーSUVといえるだろう。

エクステリア

スタイリッシュなイメージを高め
走りのために空力特性も追求
フロント/リヤ/サイド、フェンダーなどあらゆる部分に専用デザインのアイテムを装備。NISMOがレース活動で培ったノウハウや技術がフィードバックされており、ハイレベルな空力性能を発揮する。とくに高速走行時は空気の流れをコントロールし、空気抵抗(Cd値)を抑制しながらダウンフォースを向上させ、車両の姿勢変化を抑えて走行時の安心感を高めている。
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

The Roots of JUKE

シティSUVとしての特性を
徹底追求したコンパクトSUV

デビュー当時(2010年6月)、コンパクトスポーツカーの俊敏さとSUVの力強さという、まるで違うジャンルの特徴をひとつにするという、斬新かつ独創的なコンセプトで開発され、注目を集めた。現行型は、2014年7月にマイナーチェンジを実施。エクステリアデザインを変更し、これまで以上に存在感が高められている。

ジューク NISMO RS
NISMO LINE UP
NISMO LINE UP
日産お客様相談室
0120-315-232

ニスモが手がけたコンプリートカーは、ジューク NISMOのほか、マーチNISMO/ノートNISMO/フェアレディZ NISMO/GT-R NISMOがラインアップされている。それぞれ、ベース車のパフォーマンスをより高い次元へと引き上げるべく、ニスモ独自のチューニングが施されている。

Page1 ワンメイクスペシャル 日産 ジューク NISMO RS
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル 日産 ジューク NISMO RS)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧