グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
マツダ ロードスター ワンメイクスペシャル tuned by ジョイファスト
マツダ ロードスター ワンメイクスペシャル

今となっては貴重なFRライトウェイトスポーツ。
86&BRZばかりが注目されているが、じつは走りのよさでも定評があるのがNC型ロードスター。
今回はジョイファストのデモカーを題材に、その溢れる魅力に迫る。

“人馬一体”をさらにアップグレード
コントロールする楽しさが実感できる

 爽快な走りが堪能できるライトウェイトオープンスポーツ。しかもクルマをコントロールする楽しみが存分に味わえるFR駆動とあって、幅広い年代のユーザーから人気を集めているマツダ・ロードスター。

 現行モデルとなるNC型では2度のマイナーチェンジを実施しているが、ここで紹介するのは、前期型をベースに後期用のバンパー&テールライトを移植した、いわゆる“前期改後期”仕様。ロードスター専門店である神奈川県横浜市の『ジョイファスト』が手掛けたデモカーだ。

 オーバーフェンダー化やダックテールなどにより、ノスタルジックな雰囲気すら漂うスタイルに仕上がっているが、その中身についても妥協のないチューンが施される。テーマは“もっと走りを楽しめるカスタマイズ”だ。

「NC型はより安定志向に振られていますよね。もちろん軽快な走りを楽しめるライトウェイトマシンであることに違いはないのですが、初代や2代目と比べると、クルマをコントロールする感覚が、やや薄れてしまったのも否めません」と、代表の伊左冶さん。

 そうしたNC型に対して、ロードスター本来の“人馬一体”感を底上げしようというのがジョイファストの考え。イメージしたのは、ドライバーに対して正確なインフォメーションを伝えられるクルマ作りだ。

「エンジンは排気量が2Lあり、ノーマルでも十分な余裕があるので後まわしでいい。それよりサスペンションやブッシュなど、足まわりチューンに重きを置くべきです」と指南する。

 そのキモとなるサスペンションは、ジックリと煮詰めたオーリンズベースのオリジナル車高調で、これにKYBのF:16kg-mm、R:12kg-mmのスプリングを組み合わせる。元々アンダーステアが強い傾向にあるNC型で、これを消すには自ずとバネレートが高まっていく方向になるとか。

 しかし、過激すぎないセッティングとすることで、ストリートでの快適性もある程度は確保するのがジョイファストだ。サーキットと街乗り、そして初心者と上級者では求められるセッティングは変わってくるが、それぞれのニーズに応えられるノウハウがあるのも同社の強みといえる。

 また、扱いやすさを底上げするうえで肝心なのが、ブッシュ類の強化。ゴムブッシュをピロ化することで、よりスムーズにサスペンションが動くように味付けている。

 というのも、NC型はフロントのサスペンション特性がイマイチなうえに、リヤのマルチリンクもあまり動かない。リヤアーム自体はかなり長めの設計となっているためかなり粘るのだが、それだけに、限界を超えると一気にテールが流れ出す・・・。

 そこで「NCECでは、まずリヤのセッティングを決めてから、それに合わせてフロントを調整していくのがセオリー」とのこと。具体的に、このデモカーではフロントをフルピロ化したうえで、リヤサスペンションの一部にはブッシュの硬度や大きさが異なるRX-8純正アームに交換するなど、適材適所でブッシュとピロを使い分ける。そうしてコントローラブルな走りになるように仕立てあげているのだ。

 また、LSDチューニングにもこだわり、アクセルを戻したときのリヤの出具合や、クリッピングポイントに近づいてアクセルを踏み始めた際のデフのロックするタイミングなど、走行状況に応じて細やかにセッティング。

「NC型は微妙なデフの効かせ方が凄く大事で、ドライビングスキルが向上するほど、なおさら機械式LSDの重要性が高まってきます」。ジョイファストでは、オーバーホール時にプレッシャーリングやフリクションプレートの合わせ方など、細かいセッティングにも対応するというから心強い。

 このように、独自のノウハウを注ぎ込むことで、ワンランク上の楽しさを実現したジョイファストのNCロードスター。専門店らしいツボを押さえたその作り込みは、ユーザーにとっても参考になる部分が少なくないはず。まさに“ロードスターチューンの参考書”と言っても過言ではない仕上がりになっているのだ。

エクステリア

純正パーツはNC3との互換性あり後期型ルックに仕上げられる

丸っこいデザインのNC1に対し、NC3ではバンパーやヘッドライト形状を変更することでシャープな印象に仕上がっている。このデモカーでは、そうした後期用のパーツを純正流用したほか、リヤオーバーフェンダー化にも着手。迫力のあるスタイルへと昇華させた。

エクステリア
エクステリア
エクステリア
エクステリア
エクステリア

コックピット

シンプルな作り込みが奏功してドライバーが操ることに集中できる

コックピット
ラップタイム計測が可能なほか、様々な車両データを取得できるAIMのMXLメーターをセット。室内がタイトなロードスターにもピッタリと収まるフルバケットシートは、エスケレート・タイプ6だ。ステアリングはナルディ・ディープコーン35Φをチョイスした。
コックピット
コックピット

ホイール

バネ下重量の軽減が軽快な走りを増幅
普段は205/50サイズのイーグルRSスポーツを履くが、撮影時はレイズのTE37Vに、アドバンのSタイヤを組み合わせていた。ブレーキはパッドをアクレZZCに変更している程度だが、制動力は十分に足りているとのこと。あえてビッグキャリパー化には着手していない。
ホイール

The Roots of ROADSTER

日本が世界に誇るライトウェイト
オープンスポーツの決定版

世界中のクルマ好きを虜にしたユーノス・ロードスターのコンセプトを引き継ぐ、3代目として登場したNCEC型。エンジンは2L直列4気筒のLV型を搭載し、プラットフォームはRX-8とほぼ共通となる。重量面で有利なソフトトップモデルのほか、電動格納式ハードトップを採用するRHTも設定する。

ロードスター

TUNER

ジョイファスト
ジョイファスト
ジョイファスト
住所:神奈川県横浜市都筑区勝田町1376
TEL:045-949-6693
WEB:http://www.joyfast.com/

新旧問わず、数多くのロードスター乗りが集まる同店では、素性のよさを活かしたチューニング&メンテナンスを提唱。闇雲にパーツを付けるのではなく、ユーザーの目的やスキルにあったメニューをコーディネイトしてくれる。また、走りのよさをブラッシュアップするオリジナルパーツも展開中だ。

Page1 ワンメイクスペシャル マツダ ロードスター
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル マツダ ロードスター)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧