パーツ特集企画 
グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
クルマをスポーティーに楽しめる!走行会デビューしてみよう!!

サーキットをクルマで走る。経験したことがなければ
とても敷居が高く感じられると思うけど
実際は、そんなことはない。初心者でも安全に楽しく
スポーツ走行できる絶好の機会なのだ
これを読んで、サーキットデビューしてみよう!

Photo=中村宏裕

初心者向けの走行会を探してみよう

 ビギナーがサーキットを走ろうとしたとき、おもに2つの方法がある。サーキットの会
員になって走行枠に参加するか、ショップなどが開催するサーキット走行会に参加するかだ。
 サーキットのスポーツ走行枠は、一定時間内を自由に走れるというメリットはあるが、基本的に個人での参加となる。まわりに助けてくれる人はだれもいないわけだ。
 一方、主催者が走行枠を貸し切って開催する走行会は、主催者がさまざまなヘルプをしてくれる。
 たしかに、以前は上級者がカリカリにチューンしたマシンでガンガンに走っていて、初心者に入り込む余地がない走行会も多かった。
 しかし最近では、サーキットビギナーだけを対象にした走行会も多く開催されている。ノーマル車両で参加する人も多く、まずはクルマの仕様は気にしなくても大丈夫。
 今回はサーキットデビューのノウハウを紹介していくので、興味を持ったら、さあサーキットへ!

サーキット走行に必要な装備 ドライバー編

DADロイヤルラウンジシートカバー

走行会レベルだと、装備は意外と軽装
ヘルメットとグローブはマストだけど
あとは普段着レベルで大丈夫なのだ

@ ヘルメット

フルフェイスかジェット型のヘルメットが必要。二輪用でも問題なしだ。まずは廉価なものでOK。

A 長そで

表皮を保護するための長そでなので、ある程度の厚みがあるものを。厚すぎると動きづらくなるので注意。

B グローブ

軍手でもOK。手のひら部分が薄いものが好ましい。最近はメカニックグローブでドライブする人も。

C 長ズボン

GパンでもチノパンでもOK。すそが長すぎると、アクセルワークのジャマになることもあるので注意したい。

D スニーカー

なんでもかまわないのだが、幅が細いほうが、ペダルワークに向いている。プーマ製に流行の兆しが。

サーキット走行に必要な装備 工具編

サーキット走行に必要な装備 工具編

最低限の装備をすれば、愛車でそのまま
サーキット走行が可能。専門工具は必要ない
たったこれだけあれば、ひとまず走り出せるのだ

@ ジャッキ

シザースジャッキでもOK。最近は廉価なものもあるので、ガレージジャッキをねらってみよう。

A ビニールテープ

灯火類の飛散防止にも、ゼッケンを張るのにも使える。最近は、薄緑色の養生テープを使う人も。

B クロスレンチ

タイヤ交換やナットの増し締めに必要。L型レンチでも代用できるが、クロスのほうが使いやすい。

C 軍手

作業時に使えるだけでなく、マスターシリンダーのカバーにも使える。数枚をクルマに積んでおこう。

D ウエス

テープを張る面をふくのに始まり、使い道はいくらでも。あってもジャマにならないが、ないと不便。

コンパクトカーだってスポーツできる!

ティーダラティオ&フィット

サーキット走行会が本格的なスポーツカーのためだけにあると思ったら大間違い。サーキットでの走りを、そのクルマなりに楽しめばいいのだから、コンパクトカーだって軽自動車だって問題ないのだ。実際、コンパクトスポーツは今けっこう盛り上がっているのだ。

サーキット走行に必要な装備 クルマ編

サーキット走行に必要な装備 クルマ編

手軽といっても、最低限の装備や準備は必要
でも、むずかしいことはひとつもない
ここに書いてあることを実践すれば
安全に楽しくサーキットを走れるのだ!

テーピング

@テーピング

クラッシュ時にガラスやプラ部品が路面に飛散してしまうのを防ぐための処置。サイドマーカーやテールランプにも。

ナットの増し締め

Aナットの増し締め

サーキットでは、通常走行に比べて大きな負荷がかかるため、増し締めはマスト。ホイール脱落は大きな事故につながる。

エア圧の調整

Bエア圧の調整

エア圧が高すぎたり低すぎたりするとバーストの危険が。温まることを想定して、通常より0.1〜0.2kgf/cm2低めにしておく。

ゼッケンを貼る

Cゼッケンを貼る

コントロールタワーから見える面にゼッケンを張る。タイム計測器とも連動しているので、はがれないようにしっかりと。

荷物を降ろす

D荷物を降ろす

基本的に、クルマに積んでいるものはすべて降ろす。走行中は前後左右に強いGがかかり、物を積んでいると危険なのだ。

マスターシリンダー

Eマスターシリンダー

ブレーキフリュードが沸騰するとフタがはずれてしまうことも。それを防ぐために、ここにもテーピングが必要。

フロアマットを降ろす

Fフロアマットを降ろす

フロアマットがズレると、踏ん張りが効かなくなったり、ペダル操作のジャマになる。あらかじめ降ろしておこう。

計測器を付ける

G計測器を付ける

周回ごとのタイムを計測するための機械をボディに貼り付ける。落とすと実費を弁償。高価なのでしっかりとつけておこう。

キーホルダーを外す

Hキーホルダーを外す

忘れがちだが、走行中にキーホルダーがプラプラチャラチャラしていると気になるし、危険。あらかじめ外しておく。

Page1 走行会デビューしてみよう!!
Page2 走行会デビューのための基礎と手順
Page3 パーツコレクション
NEXT >>
(走行会デビューのための
基礎と手順)
TOP
(クルマをスポーティーに楽しめる!走行会デビューしてみよう!!)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧